社長メッセージ

代表取締役社長 野口憲三

1845年の創業以来、当社は紙・板紙の流通を開拓し、時代のニーズに呼応して機能強化を図り続けてまいりました。近年は、世界の社会・経済システムが大きく変化する中で、海外事業、環境関連事業の拡充を図り、さらにそうした事業展開と当社の基幹事業である、紙・板紙販売事業との相乗効果の発現に向けた取り組みを推進しております。

当社グループは2008年に、経営環境が大きく変わる中でも目標を見失わないための経営及び企業活動の指針として、長期ビジョン「INNOVATION JP 2020」を掲げ、また、2011年4月には、「中期経営計画2013」を策定し、長期ビジョン達成のための中長期的な課題を明確化いたしました。

この長期ビジョンと中期経営計画のもと、グループ全体における持続的発展の基盤を構築すべく、グローバルな事業展開、環境関連事業等の注力分野での積極展開を成長推進のエンジンとし、(1)収益基盤の強化、(2)人材力の強化、(3)グループ価値の最大化に取り組んでまいります。

相手方の利を考え行動することが自らの利であるという、当社の伝統を支える基本精神「自利利他」を継承し、今後とも、お客様や事業パートナーをはじめ、投資家、従業員、地域社会など、当社に関わる皆様の信頼に誠実に応え、共に成長する企業を目指してまいりますので、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

日本紙パルプ商事株式会社
代表取締役社長
野口憲三

このページの先頭へ