人と紙の未来をみつめて

日本紙パルプ商事では「人材」を最大の経営資産と位置づけています。人材こそが企業競争力の源泉であり、当社が将来にわたって持続的な成長を遂げていくための原動力だと考えているからです。

優秀な人材を採用し、育成・活用していくことが、企業の経営基盤を強化する最前の施策だと言っても過言ではないでしょう。
当社が目指すのは、社員一人ひとりが自らの役割を認識したうえで、持てる能力を駆使し、創造性を発揮して新たなビジネスチャンスに挑み、自己実現に向けて自ら改革・推進する、「創造・挑戦・変革」する人材の集合体です。

求める人物像
  • 状況を的確に見極め、自らの役割や目標を創出することができる。

  • 自らのアイデア・発想を的確に表現し、共感を得ることができる。

  • 目標達成に向けて知恵を絞り、強い意志を持って行動できる。

  • 新たな学習や多様性の受容により、自己を変革することができる。

このページの先頭へ