製紙及び加工事業の現状

原料に古紙を使用する製紙事業

再生家庭紙事業を展開するコアレックスグループは、優れた古紙再生処理技術力と芯なしトイレットロール等の独自の製品開発力があり、再生トイレットロール業界において高いシェアを有しています。トイレットロールやティッシュペーパーは、一度使用すると再利用ができません。だからこそ、リサイクル品を利用し、限りある資源を有効に使う必要があります。業務用から家庭用まで、100%古紙パルプ使用の芯なしトイレットロールを中心に、くらしに密着した製品の販売を通して、より快適な生活を提案しています。

段ボール原紙・印刷用紙の製紙事業においても、古紙を原料として使用し、環境負荷低減を追求しています。製造面でも、ボイラー燃料にバイオマス燃料を利用するなど、さまざまな観点での環境配慮のもと事業を行っています。回収した古紙を原料として使用して、製品を作り、再びお客様にお届けする。グループ内でこのような循環型の事業を行うことで、それぞれのプロセスにおいて経験やノウハウが蓄積され、お客様や社会のニーズに、高い水準でお応えすることを可能としています。

段ボールシートやケースの製造、
紙やフィルムのラミネートを行う加工事業

工業製品や食品、あるいは農産物などを生産者から消費者に運ぶ運搬用資材として、紙は欠かせない存在です。また、店頭では化粧箱、ラッピング、ショッピングバックが、商品やブランドのイメージを消費者に伝えます。私たちはユーザーのニーズに応じた包装素材を加工・供給できる体制を構築しています。

日本紙パルプ商事が実現する循環型社会

日本紙パルプ商事グループでは、社会と地球環境のよりよい未来を拓くことを使命として掲げ、循環型社会の構築を目指し、事業を展開しています。「資源の循環」では、製紙原料として重要性が増す古紙の再資源化事業と、原料に古紙を使用する製紙事業が相互に連関し合っています。一方、「エネルギーの循環」では、再生可能エネルギーによる発電事業を進めています。